小学校での英語教育義務化

もうすぐ小学校で英語が必修化されるそうです。英語の授業といえば、今までは中学校で新たに習うというものでしたが日本人の英語学力が低いということが問題視されており、より低学年から授業を受けるという方針が下されたようです。確かに中学生で英語の授業を始めると、英語の発音が気恥ずかしかったりして真剣に学べないこともありました。

またある程度の英単語も知っているから、和製英語のような発音が先入観であるから、正しい発音が耳に入ってこないということもあります。より早く英語の教育は受ける方がいいようで、今では0歳児から英語を学ぶというケースもあるようです。

早ければ早いほど、耳で受ける英語の音はより自然に発生できるようになるそうです。小学生が英語を学び、また文法ではなく英語に触れて慣れるということで将来の日本人の英語の能力がどれくらい向上しているのかとても楽しみです。10年後くらいには、英語が話せて当たり前というような世の中になっているのでしょうか。

日本の子どもたちは、一時期のゆとり教育のおかげで、学力が著しく低下して懸念されていました。今はまた教育に力を入れ始めましたが、いい具合にすすめばいいのですが。楽しく学べるような英語の授業になるといいですね。