英会話は、実践が大切ですよね。

中学生から英語を勉強し始め、高校ではリーダーとグラマーに分けて勉強をしてきました。でも、ほとんど実践ではなく、机の上での勉強でした。だから、テストもペーパーでしたね。

だからなのか、リスニングのテストは本当に苦手でした。大学受験でもリスニングがありましたが、知っている単語を何とか聞き取り、内容を理解しようと必死でしたね。

英語は、基本会話です。だから、いくら書くことができても会話ができる、すなわち話したり、聞いたりすることができなくては、せっかく英語の力があったとしても、十分に発揮できなくなってしまうんですよね。

でも英語のテストができればすぐに話せるようになるんじゃないのと思いますが、あくまでテストは何度も見直す事ができるから理解しやすいんですよね。

誰か忘れてしまいましたが、英語をマスターしたければ英語を聞き込め!と言っていたことを思い出します。英語を聞けば聞いただけ、きっと話せるようになりますよ。
<関連サイト>海外旅行英語を英会話教材だけで!?ネイティブイングリッシュで大丈夫なのか?